Home » デビットカードなら審査を受けずに発行が可能です

デビットカードなら審査を受けずに発行が可能です

001

キャッシュレス化が進んでいる現在、買い物にクレジットカードを利用する方が増えている傾向にあります。現金を持ち歩かずに買い物できるため非常に便利ですが、クレジットカードの場合は発行の手続きの際に事前審査が必要になります。

無職や学生の場合だと審査に通らないケースも多いですが、デビットカードなら収入が無い方でも審査を受けずに発行できますので、1枚作っておいて普段の買い物に利用することをオススメします。

デビットカードはクレジットカードと違い分割払いには対応していませんが、一括払いには利用可能です。買い物でカード支払いを利用するとすぐに銀行からお金が引き落とされる仕組みで、クレジットカードのように使い過ぎる心配がありません。

デビットカードvisaも便利です!
もちろん買い物でカード支払いを行うとポイントの付与などは同じように行われますので、現金支払いよりもお得で便利です。更に詳しい情報はインターネット上に掲載されていますので、暇な時間を利用して自宅のパソコンでチェックすることをオススメします。

普段の買い物だけでなく、有料の動画サイトの登録などにも利用可能ですし、電子マネーのedyチャージなどにも活用できますので、早いうちに発行して普段の生活に取り入れるのがベストです。

クレジットカードだと毎月の返済が生活の負担になる可能性もありますが、一括払いで銀行の残高以上の利用はできませんので、安心してカード支払いで買い物を楽しんでください。

edyチャージができないカードもあります

029

電子マネーのedyで買い物をする場合、事前にお金をチャージする必要がありますが、クレジットカードだけでなくデビットカードでもedyチャージを行うことが可能です。

ただ全てのカードで可能なわけではなくチャージができないカードもありますので、事前にしっかりと確認してチャージが可能なカードを選択してください。

またクレジットカードと同じようにJCBやVISAなど複数の種類の中からどれを選択するか決める必要があります。普段利用している店舗で使えるカードの方が色々役立ちますので、事前にリサーチした上で判断してください。

最近はカード支払いや電子マネーが使える店舗が増えたのはもちろん、バスやJRなどの支払いにも利用できる環境が整っていますので、わざわざ財布を持ち歩く必要が無くなっています。

財布を持ち歩くと紛失や盗難のリスクもありますが、事前にチャージしておけばスマートフォンだけ持ち歩けば買い物も問題無くできますので、現在でも現金支払いで買い物している方は、早めにキャッシュレス化を進めることを検討してください。

何かわからない事があればインターネットで24時間調べられますし、カード会社のスタッフなども色々相談に乗ってくれますので、困った事があれば一人で悩まずに遠慮なく頼りましょう。

また実際にカード支払いなどを利用している方の口コミ情報も多数掲載されていますので、参考のために一度目を通しておくことをオススメします。

カード支払いの口座は生活費と別にしておきましょう

027

クレジットカードと違いデビットカードの場合は銀行に預金している金額以上は使うことはできませんが、生活費と一緒の口座にしてしまうと使い過ぎて生活費を使い込んでしまうケースもありますので、カード発行の際に引き落とし専用の口座も開設しておくのがオススメです。

もちろん自分自身で計画的に利用できれば問題ありませんが、手元に現金があるわけではないためどうしても使い過ぎてしまう可能性はあります。最初から分けておくとトラブルが発生する心配もありませんので、口座開設の手続きも一緒に済ませることを是非検討してください。

また最近はインターネット上の家計簿と連携して自動で記帳してくれるサービスなども登場していますので、カード支払いをメインにするなら家計簿も一緒に登録してお金の使い道を見えるようにしておくのがオススメです。

インターネットの家計簿を使ったことが無い方は不安もあるかもしれませんが、手書きと違い自動で記帳してくれるシステムなので書き忘れる心配もありませんし、予算を事前に決めておくと1か月の合計を集計して、使い過ぎたかどうかなどをグラフにしてわかりやすくまとめてくれる機能もあります。

毎日生活していく中で無駄遣いをいかに減らすかは重要なポイントなので、自分がどんなことにお金を使っているのか把握するためにも、是非便利なインターネットの家計簿を活用してください。

今後デビットカードが多くの方に広まっていくことが予想されますが、各カード会社ごとに提供しているサービスが若干異なりますので、それぞれのサービスを比較した上で自分に合っているカードを選択するのがベストです。

インターネット上にそれぞれのカード会社の特徴をまとめたサイトもありますので、情報収集に是非活用してください。